治療方法について

レーザーでの治療

シミの治療方法は、レーザーを使った治療が一般的です。
レーザーをシミに照射し焼いてしまうと言った方法もあれば、その一方でメラニン色素にのみ左右してかさぶたなどをつくることなくシミを薄くして行くと言ったものもあります。
薄いものであれば一回二回の照射で取り切れるものもありますが、濃いもの、大きなものは何度かレーザーでの照射を必要とする場合もあるので、その点は頭に入れておきたいところです。
また、シミだけを取りたいというのではなく、シミを含めて肌全体を白くしたい、美白を目的とした治療を受けたい、と言うのであれば光治療と言ってライトを当てて徐々にシミ、そして顔のトーンを明るく薄くして行きます。
レーザーは基本的のほんの少しばかり痛みがあるタイプもありますが、ゴムでパチンとはじかれた程度なので、そう心配する必要はないと言えるでしょう。
ですが痛みが苦手、かさぶたなどを作るのは嫌だ、と言うのであれば比較的威力がマイルドな光治療を視野に入れると良いでしょう。

種類によって

レーザー治療にしても光治療にしてもそうですが、クリニックによって、そして治療メニューによって、使われるマシンの種類が違ってきます。
そして種類が違うと効果や特徴も変わってくるので、どちらの治療を検討するにしろ、事前にそのマシンのことを確認した上で選ぶことをおすすめします。
例えばシミを取るためのレーザーは基本的に肝斑へは効果が薄く使えないものが多いですが、中にはシミと肝斑、両方に効いてくれるレーザーなども存在します。
また、それ以外にほくろや刺青などを取ることのできるパワーの強いものもあれば、肌がデリケートな人向けの優しいマシンなども存在します。
どういった種類のマシンを選ぶのか、どういった治療を選ぶのかによって、術後の経過もケアの仕方も変わってきますから、その辺りを踏まえた上で治療を考えて行くことが大切です。