原因を知ろう

敵は紫外線

シミは加齢によってできるもの、と言ったイメージがありますが、突き詰めるとそれは正しくありません。
というのも、シミの原因の大半は紫外線にあるからです。
紫外線を浴びるとメラノサイトからメラニン色素が生成され、本来であればそれは紫外線からお肌を守ってくれるのですが、過剰に生成されるとそのまま色素新着を起こしてしまい、シミ、そしてそばかすの原因となってしまうのです。
若い内は肌のターンオーバーが活発で、色素沈着が起きても肌の再生サイクルが来るたびに排出され、いつしかシミが消えていきます。
ですが歳を取ってくるとこの肌のターンオーバーが乱れて来たり、遅くなって来たりします。
そうすると中々沈着したメラニン色素は排出されず、肌に残り続けることになります。
そういった状態を長年続けていると、歳を取るたびにシミがどんどん増えて行っているように感じてしまう、と言うわけです。
ですからシミを予防するためには紫外線対策が何よりも重要となるのです。

注意したい食事

シミの原因の大半は紫外線にあるとされていますが、紫外線が全てではなく、他に食事に原因があるとされる場合もあります。
栄養バランスの偏った食事をしているとシミを排出するのに欠かせない栄養素が摂れず、結果としてメラニン色素の沈着を招いてしまう、と言うものです。
シミの排出に良いとされている食べ物はビタミンC、E、A、そしてリコピンなどを含んでいるものを指します。
ビタミンCならキャベツやブロッコリー、ピーマンといった野菜から、レモンにイチゴ、キウイなどが、ビタミンEならナッツ類にウナギ、カボチャに阿保が土、ビタミンCならレバーににんじん、リコピンならトマト、そしてピンクグレープフルーツなどがおすすめです。
もしもこれらの食べ物の中で嫌いなもの、よく避けている食べ物があるというのであれば、少し意識して食べる努力をしたいところです。
紫外線対策と食事だけで完全にシミを消し去るのは難しいですが、それでも発生と悪化をおさえてくれるとなれば、気を付けるに越したことはありませんから、これまで気にしたことがなかったと言う人は今一度見直してみましょう。