肝斑との違い

本来の症状は

顔に何かしら茶色っぽい、くすんだ何かがそこにできると、その全てがシミの様に感じられますが、シミの他にも顔にはそばかすであったり肝斑であったりと色々なものが現れます。
そばかすは区別がつきやすいですが、肝斑はシミと混同してしまいやすく、シミができているのに肝斑が出来ていると思い込んで適切なケアを間違えてしまったり、その逆で肝斑が出来ているのにシミだと思い込んでケアを間違ってしまうこともあります。
出はそもそもどういったものがシミなのかと言うと、これは必ずと言って良いほど形がはっきりしており、肌の白い部分との差がかなり明確です。
また、出てくる場所がバラバラで、大きさも全く違ってくるので、あまり統一性がないのが特徴だと言えるでしょう。

肝斑とは

それでは一方で肝斑とはどういったものなのかと言うと、両の頬骨にもやっと、あまり境目がはっきりとしない形で現れる茶色のシミのようなものです。
バラバラの場所にできるシミとは反対に、肝斑は左右対称、シンメトリーに出来ると言った特徴があるので、シミっぽい様に思えても綺麗なくらい左右対称に出来ていて、今一つはっきりしないようであればそれは肝斑の可能性が高いです。
肝斑は紫外線だけでなく女性ホルモンなどに関係して出来ると言われており、その治療はシミ単体の治療とは違ってきます。
ついついどちらも混同してしまいがちですが、出来る原因が違うからこそ、治療方法も違い、それぞれを見極めなくては理想の肌を手に入れるのは中々に大変だと言って良いでしょう。
普段からお手入れをしているつもりでも思っているものと肌に出来ているものが違い、アプローチが間違っていれば結果が出ないのも至極当然と言えるので、一体どちらなのかをしっかり把握することが悩みを解決するためのポイントとなります。
ちなみに肝斑の治療はマシンを使ったものの他、内服薬を使うといった方法もあります。
何にせよ自分の肌に出来ているものが何なのかをはっきりさせることが治療に向けての第一歩となるので、今一つ自分では何なのか判断が付かないと言うのであれば、クリニックできちんと診てもらうことをおすすめします。